<< 2008年後期 R3レポート 第4節 | main | 東京麻雀ワールドのご案内 >>

スポンサーサイト

  • 2011.09.26 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


2008年後期 R2レポート 第4節

こんにちは。谷井茂文です。
今回のレポートは私谷井がお送りします。


最終節は、第4節までのポイントによって
昇級を狙うのか残留を考えるのかが変わってくる。
したがって、今回の第4節が今期の結果を大きく左右すると言っても過言ではない。

牌確認が終わり、各々が戦いに向けて心の準備をする中、
立会人から開始の合図が告げられた。

自分は5人打ちの卓で、1回戦が抜け番になる。
途中で抜けるのはあまり好きじゃない僕としては、最初の抜け番は大歓迎だった。

抜け番の間、現在首位の室生と2位の壽乃田が同卓なので、
決勝を狙う僕としては、その卓を観戦することにした。

並びは、東家からさくらい・室生・壽乃田・石川。

開局から動いたのは親のさくらい。
ドラは五萬八筒七索とポンしタンヤオの1,500点のカン七萬のテンパイ。
門前派の僕にはちょっと怖くてできない仕掛けである。
そんなことを思っている中、南家の室生の手牌に目をやると、
ジュンチャンイーペーコーのカン八萬テンパイ。
さくらいは手替わりして、室生に飛び込むんじゃないかと思っていたら、
さくらいがすぐに八萬を引いてタンヤオトイトイになる。
2人のめくりあいになるが、アガリ牌は守備に定評のある壽乃田と
ベタオリの石川に行き、流局。

平穏に終わったなと思っていたら、またもやさくらいが早々に仕掛ける。
六萬五索をポンで、ダブ東アンコのトイトイテンパイ。
しかし、またもやそこでテンパイを入れているのは室生。

二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒九筒南南白白白 ドラ無し

高目ハネマンのテンパイで、当然のダマテンにする。
しかし、この局を制したのはさくらい。
石川は手詰まったのか、一萬でさくらいの親満に飛び込む結果に終わった。

さくらいはブラフ仕掛けを多用して、心理戦を得意とする打ち手だが、
今日の鳴きは本手に仕上がっていて調子が良さそうだ。

続く2本場では、またもや本手の仕掛けをするさくらいだが、
石川が満貫のツモ和了り。

東2局では、本手が連続で空振っている室生が、
トップ目のさくらいからダマテンで9,600点を直撃。
親で本手をやっと成就させた。

この後、室生の連チャンになるかと思っていたが、
そうはさせぬと自ら動き、300-500でさくらいが室生の親を落とす。

ここまでは、さくらいと室生の激しい争いになっている。
南場に入ってもさくらいと室生の手はぶつかるが、軍配は室生に上がった。

そんな中、ここまでじっとチャンスをうかがっていたのはトータル2位の壽乃田。
なんとこの半荘、700-1,300を和了っただけで2着をもぎ取る。
その局もリーチが入る中、ポンテンを取り
五萬五萬五萬六萬の好形でテンパイをするが、
自分の読みで危ない牌を掴み、その牌を使いきりテンパイを組み直す。
そしてそれをきっちりアガリ切るところに壽乃田の強さを感じた。
もし壽乃田と決勝で戦うことになったら、最も警戒しなければならない相手の1人だろう。

さて、抜け番での観戦も終わり、ここからは自分の戦いが始まるわけだが…。

もちろん自戦記を書く予定だった。
しかし…麻雀を辞めようかと思うほどに自分の内容が悪く、
頭が真っ白になってあまり覚えていないので、自戦記はまたの機会にします(笑)。

最後に、ちょっとだけ辛口のコメントを。
僕が思うRリーグ全体の感想だが、
もう少しピリッとした空気になってもいいのではないかと思う。
多くの人も同じだとは思うが、僕は日頃の鍛錬の全てを
このリーグ戦で出し切るつもりで臨んでいる。
何よりも大切な日なのだ。

最終節は、参加している全員からそんな思いが伝わってくる中で、
真剣勝負をしてみたいと思います。

1 室生 述成  +151.8 +43.4
2 谷井 茂文  +135.2 +53.8
3 壽乃田 源人 +74.7  ▲29.8
4 山田 田   +69.7  ▲17.9
5 さくらい りょーすけ  +57.4  +59.5
6 白石 温朗  +48.0  +91.3
7 古久保 祐介 +34.2  +27.7
8 神崎 崇   +17.2  +14.6
9 藤中 慎一郎 +12.7  +14.9
10 飯島 健太郎 ▲7.2  +11.2
11 伊藤 直毅  ▲26.7  ▲58.8
12 江澤 陽一  ▲79.5  ▲115.7
13 大崎 なおこ ▲221.7 ▲21.1
14 石川 泰之  ▲267.8 ▲73.1

左から順位・氏名・今期トータル・今節成績
5節(1節は1人4回戦)行い、上位4名が成績を半分持ち越して5回戦の決勝を行う
3位までがR1へ昇級、13〜14位の2名がR3に降級となる


文中敬称略 文責・谷井 茂文

スポンサーサイト

  • 2011.09.26 Monday
  • -
  • 22:44
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
53ポイントも浮いていて麻雀を辞めようかと思うってどんだけですかw
  • 仲川 翔
  • 2009/02/08 3:07 AM
初詣で「今年の僕の対戦相手が高打点のイーシャンテンから手が進まなくなりますように」とお願いしたはずなのに・・・
室生さんには仏のご加護があったらしい(>_<)
  • さくらいりょーすけ
  • 2009/02/09 4:02 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RMU
リアル・マージャン・ユニット。 多井隆晴、阿部孝則、河野高志、藤中慎一郎ら最強プロ達が結成した麻雀競技の新組織。麻雀競技の質的向上と競技者の育成を図り、同時に健全な麻雀遊戯の普及浸透に尽力し、もって競技者の社会的・経済的地位を確立することを目的とする。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
links
profile
組織概要
組織名 RMU(アールエムユー) 設立日 2007年7月1日 所在地 〒272-0134 千葉県市川市入船3-15 RMU事務局 TEL 047(399)9150 E-MAIL info@rmu.jp
                
ご注意
当ブログへのリンクはフリーですが、掲載された画像・文章の無断転載を禁止させていただきます。
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM