<< RMUタレント新連載のお知らせ | main | 第2回マーキュリーカップ 速報 >>

スポンサーサイト

  • 2011.09.26 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ファクトリー日記 その10



みなさんこんにちは。
今年度からRMUのアスリートになりました、内田良太朗です。
麻雀で日本一になり、多くの人から尊敬される、
そんなプロを目指して日々精進していきます。

僭越ながら今回は私がファクトリー日記を書かせていただきますので、
よろしくお願いします。


イチロー選手の劇的なタイムリーヒットで日本代表「侍ジャパン」が
WBCで連覇を成し遂げ、その興奮も冷めやらぬ3月29日、
私がRMUに入会してから初めてのファクトリーが行われました。

ファクトリーとは直訳すると工場です。
自分達の後に続く「真の麻雀プロ」を輩出するため、設けられたのでしょう。
今回は参加者が少なかったものの、
麻雀界に何年も身を置いているプロに教わることのできる、貴重な場です。

今回の講師は、多井隆晴・阿部孝則・藤中慎一郎プロ。
はじめに、代表の多井プロから

「自分が持っている引き出し(選択肢)に、我々が長い間経験し、
研究してきた引き出しを加えて、自分のスタイルというものを見つけてもらいたい」

と、お話がありました。
なるほど、確かに常に強打しかできないアメリカ打線よりも、
状況に応じてバント、盗塁、エンドランが出来る侍ジャパンは
攻撃のバリエーションが多く、効果的に得点を取っていきました。

「リーチをする、というのも1つの攻撃のパターンでしかないんだ」

との阿部プロの言葉に、麻雀も引き出しが多い方が有利なのだろうと実感させられました。

「得点を取りに行くためにするリーチもあるし、駆け引きをするためのリーチもある。
東パツなら様子見たいからダマにすることの方が多いかな」

そんな藤中プロは経験豊富で、駆け引き上手な捕手のようでした。

今回私が一番勉強になったのは「3つの目線を持つことが大事」という多井プロの言葉。

1、自分目線
2、対局者目線
3、客観目線

対局していると、つい自分の手牌ばかりに目が行ってしまうことが多々あります。
それが誰もが持っている自分目線。
そんな間にも場は進んでいくわけですから、相手にも注意を払わなければならない、
というのが対局者目線。
もう一つは、卓の外から冷静に自分を見つめる客観目線。
これを持つようになって、多井プロは強くなったのだとか。

WBCの決勝戦で、試合を決めるヒットを打ったイチロー選手も、あの打席では

「日本中のみんなが注目しているだろうと思って、自分の中で実況していた。
普段は結果が出ないんだけど、それで結果が出て、壁を越えたと思います」

とコメントしていました。

これからのファクトリーや対局の中で自分のスタイルを確立し、
いつかいつか大きな大会の決勝戦で…
試合を決める決定打を放ちたいものです。

さて、次回は5月16日(土)です。
一流プロ達の技術や意識を盗むチャンスです。
勉強させていただきます。



文責・内田 良太朗



スポンサーサイト

  • 2011.09.26 Monday
  • -
  • 00:04
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
「本当にお前さん達は強いサムライになった!」って言われるよう、
共に頑張りましょうね。
  • 仲川 翔
  • 2009/04/27 10:36 PM
次回のファクトリーも楽しみですね。
私もサムライ目指して頑張ります!
  • 深津 海帆
  • 2009/04/27 11:34 PM
〉仲川さん
さすがに上手いですねo(^-^)o
まずは客観目線をモテるよう、モンドで実況の練習をしようと思います(笑)
  • 内田 良太朗
  • 2009/04/28 9:07 AM
〉深津さん
強いサムライになりましょう!いつか目指すのは金メダルですな!
  • 内田 良太朗
  • 2009/04/28 9:14 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RMU
リアル・マージャン・ユニット。 多井隆晴、阿部孝則、河野高志、藤中慎一郎ら最強プロ達が結成した麻雀競技の新組織。麻雀競技の質的向上と競技者の育成を図り、同時に健全な麻雀遊戯の普及浸透に尽力し、もって競技者の社会的・経済的地位を確立することを目的とする。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
links
profile
組織概要
組織名 RMU(アールエムユー) 設立日 2007年7月1日 所在地 〒272-0134 千葉県市川市入船3-15 RMU事務局 TEL 047(399)9150 E-MAIL info@rmu.jp
                
ご注意
当ブログへのリンクはフリーですが、掲載された画像・文章の無断転載を禁止させていただきます。
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM