<< 第2期闘牌リーグ決勝 速報 | main | 日本麻雀機構 千葉支部大会のお知らせ >>

スポンサーサイト

  • 2011.09.26 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ファクトリー日記 その11



皆さんこんにちは。アスリートコースの宮本卓です。
今回のファクトリー日記は僕が担当させて頂きます。宜しくお願いします!

前回までのファクトリーは、主に受講者が対局し、
講師の方々がそれを見て打牌の理由や意図を聞きつつ、

「ここはこう打った方がいいよ」
「そのリーチはかけない方がいいなぁ」

など指導して頂くという形式でした。
しかし、今年度からファクトリーの主旨が変わり、
もう少し基本を見直そうということで、今回は講義重視の内容に。

まず受付と同時にテキストを受け取り、古久根プロからそれについての講義をして頂き、
最後に実戦対局をするという流れで行われました。
講義中はただただ「なるほど」の連続で、
基礎的なことだというのに、知らないことがたくさんありました。
では今回のファクトリーで学んだことをいくつか紹介していきます。


・東1局東家のとき、東南西北の字牌の切り順はどのようにしたらいいか

その答は、南西北東

理由として、一番鳴かれたくないのは、絞りもケアしなければならない南家。
巡目が遅くなるほど、重なりやすく、手牌もまとまり鳴きやすくなる。

そして北を最後にまわすのは、鳴かれた時にツモがすぐまわってくるからで、
総合すると南から切った方がベターということ。

しかし、あくまでベターという程度で、
実戦で常にそうするというわけではないそうです。

一索二索二索四索九索西という形になったとして、切り順とその理由

候補としては、一索九索西である。
手牌が良いときは2巡で両方処理されそうだが、問題は手牌が悪いとき。
このとき九索から切ると次に三索を引くと西を切ってしまい、
安定感に欠けてしまう。一索を切っても三索を2枚引かない限り、
裏目がないので悪いときは一索を切った方が良い。


などなど他にもたくさんの問題と解説があり、メモが絶えません。
大学の授業よりペンを動かしてたかも(笑)。

また、講義の中で古久根プロはこんなことを仰っていました。

「これらの問題はものすごく細かいこと。実戦では他家の状況で変わってくるもの。
大事なのは毎局テーマをもって臨むこと。そして現実的なビジョンを見ること。
そうすれば内容は自然と良くなる」

深いですよね。感心しました。


それでは最後に、僕がファクトリーで打った実戦対局について書きますね。

東1局 西家 ドラ北
配牌 四萬七萬七萬九萬八筒一索一索三索四索六索七索北發 第1ツモ東

古久根プロが仰っていた言葉を思い出し、
まずは現実的なビジョンを見るところから始めないと…と、習ったことを早速実践。
うまくいけばピンフになるかな、
でも東北發を考えるとチートイの方が良さそうかな、
などと考えました。

そして8巡目、

四萬七萬七萬一索一索三索三索四索六索七索東北發 ツモ白

白はションパイ。これまでツモもほとんどきかず、厳しい感じ。

これはメンツ手はムリかな、受けながらチートイだな…と思い、
六索四萬四索七索は親の現物)。

四萬七萬七萬一索一索三索三索四索七索東北白發

11巡目に四索が重なり、打七索

次巡、2枚切れの東が重なり、イーシャンテン。3枚切れの發を捨てる。
その後14巡目にドラが重なり、白タンキテンパイ。
同巡に親がションパイの白を打っており、それに合わせた下家の白にロン。
うまくアガることができました。

七萬七萬一索一索三索三索四索四索東東北北白 ロン白

そして次局。

東2局 南家 ドラ三索
配牌 一萬七萬七筒七筒三索三索六索七索八索東東南南

2巡目に六索を引き、チートイドラドラのイーシャンテン。

七萬七筒七筒三索三索六索六索七索八索東東南南

4巡目に一索ツモ、打七萬

七筒七筒一索三索三索六索六索七索八索東東南南

二索が入ったらホンイツにいこうかなと構想を膨らませると次巡ツモが七索で、
5巡目に八索タンキテンパイ。

七筒七筒三索三索六索六索七索七索八索東東南南

ドラそばの一索よりは、親と北家が2巡目までに九索を切っており、
八索が良さそう。
それからほどなく下家から八索がこぼれ、狙い通り6,400のアガリでした。

…と、僕の対局はこの2局で終了。
自分でも上手く打てたかなぁと、納得のいく内容でした。
でも、これで満足せず、もっともっと精進せねばいけませんよね。


さてここで、皆さんに聞きたいことがあります。
2局目のイーシャンテンの形、

東2局南家 ドラ三索 4巡目 東はションパイ 南は1枚切れ
七筒七筒一索三索三索六索六索七索八索東東南南

二索をツモったら、七筒を落としてホンイツにいきますか?
一索七索八索以外のソーズをツモった場合、ホンイツへむかったほうがいいですか?
僕はホンイツが好きなのでいきそうなんですが…皆さんはどうでしょう。
コメントを頂けたら嬉しいです。


さて、拙い文章でしたが、お付き合い頂きありがとうございました。

次回のファクトリーは5月25日(月)の18時開始です。
今年度から平日にも開かれるようになったんですね。
会員の方は是非参加して下さい。絶対勉強になりますよ!


宮本 卓
文責・宮本 卓


スポンサーサイト

  • 2011.09.26 Monday
  • -
  • 21:40
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
卓君のチートイ
素晴らしいセンスだと思います^^

問題の手牌
役牌2種でドラなしなら僕はホンイツに向かいます
  • 多井 隆晴(おおい たかはる)
  • 2009/05/23 2:09 AM
親の安全牌をもって受けつつのチートイ。見事ですねー。
リーグ戦であたるのが楽しみです!

僕はその牌姿ならほぼノータイムでホンイツに移行します。
  • 飯島 健太郎
  • 2009/05/23 4:26 AM
コメントありがとうございます。参考になりました!

僕もリーグ戦楽しみです。頑張りましょう!!
  • 宮本卓
  • 2009/05/23 12:37 PM
その巡目ならとりあえず7p切るかなぁ。
続けて2枚切るか否かは一概に言えませんが・・・
  • 宮田
  • 2009/05/25 1:20 AM
う〜ん、僕だったら、65%は染めて35%はチートイに決め打つかな…


ていうか、我ながら「なんだこの曖昧なコメントは」と思いますw
  • 仲川 翔
  • 2009/05/30 11:03 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RMU
リアル・マージャン・ユニット。 多井隆晴、阿部孝則、河野高志、藤中慎一郎ら最強プロ達が結成した麻雀競技の新組織。麻雀競技の質的向上と競技者の育成を図り、同時に健全な麻雀遊戯の普及浸透に尽力し、もって競技者の社会的・経済的地位を確立することを目的とする。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
links
profile
組織概要
組織名 RMU(アールエムユー) 設立日 2007年7月1日 所在地 〒272-0134 千葉県市川市入船3-15 RMU事務局 TEL 047(399)9150 E-MAIL info@rmu.jp
                
ご注意
当ブログへのリンクはフリーですが、掲載された画像・文章の無断転載を禁止させていただきます。
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM