<< RMU選手ゲストのお知らせ | main | 2009年度RMUリーグ 第4節結果 >>

スポンサーサイト

  • 2011.09.26 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ファクトリー日記 その12

こんにちは。RMUアスリートの中村浩三です。
今回は私が先日行われたファクトリーの様子をお送りします。
よろしくお願い致します。

RMUは真の麻雀プロを創出することを目的としており、
育成会にあたるこのファクトリーはRMUラボと並び根幹となる行事です。
ここでは一流の指導者のもと、1打ごとや1局ごとに内容と思考法をチェックしたり、
カリキュラムを組んで徹底的に牌のメカニズムや基本定石などを指導していきます。

まずは、前回のファクトリーの復習から始まりました。
以下は、ある局の配牌。

一萬四萬六萬七萬三筒五筒八筒九筒二索六索九索東發中 ドラなし

受講者大多数の意見は、九索あるいは一萬を第1打(ないし第2打)に選択し、
ピンズのペンチャンを落としていく…といった感じ。
ただし、この手は、全員がアガれそうにないと言う意見でした。
第1打から四萬などを選択し、上の三色を狙いつつ
受けに比重を置いた手組みも悪くないとのこと。
どちらにしてもアガれる可能性は低いので、リスクを負いたくない、と。
皆さんの中にも、過去に1回くらいこういう手から「1牌だけ通して!」と思い、
痛い目にあった記憶はあるのではないでしょうか?

さて、今回のファクトリーのテーマは序盤の手組みについてでした。

一萬二萬四萬一筒二筒四筒五筒一索三索五索七索東白 ドラ中

この手牌に対し、下記ツモに対する打牌と理由を考える問題です。
6枚ある下の三色が見える手牌ですが、実際にそれが成就するのは難しそう。
というより、キー牌の三萬三筒二索を引いても、
決め打ち以外は三色にはならなさそうな気がします。

で、第1ツモは…六萬
早速三色を諦めなければならないツモですね。
この手も全力でアガりにいくというよりは、どちらかと言うとツモ次第の、
受け重視の手だと思います。
なので、字牌には手をかけずに手を進めていきます。
候補は一萬一筒二筒くらいでしょうか。

よく見ると雀頭のないこの手。
マンズで1メンツ、ピンズとソウズで3メンツ、
雀頭でピンズかソウズを重ねることが一番現実的。
ということでメンツ構成に不要な一萬を切りました。

二萬四萬六萬一筒二筒四筒五筒一索三索五索七索東白 ドラ中

次のツモは五筒
ここでも字牌には手をかけずに手を進めます。
マンズ、ソウズはリャンカンの形なので手をかけたくありません。
と言うことで、打一筒

二萬四萬六萬二筒四筒五筒五筒一索三索五索七索東白 ドラ中

次のツモは八索
字牌に手をかけたくなる頃合ですが、あくまでも受けを重視せざるを得ない手牌です。
ぐっと我慢して、数牌を選択出来るようになることがレベルアップへの第1歩でしょう。

では、何を切るかというと、
ここでは、ピンズはリャンメン形へ変化することから、二筒です。

二萬四萬六萬四筒五筒五筒一索三索五索七索八索東白 ドラ中

次のツモは七萬
更に字牌を切りたくなる手牌です。
ですが、もしこの時点で2つの字牌が切りやすい状況だとしても、
手は進んでいるように見えても実はまだ0面子。
ここで字牌をトントンと切ってしまうと他家からの攻撃に受けが効かなくなります。

となると数牌から選択することになりますが、
この形では、マンズとソウズのどちらにも手をかけられません。
そのため、四筒五筒のどちらかを選択することになりますが…。
四筒とすると、雀頭は出来ますが、残りの面子構成が固定されてしまい、
リャンカン2つ、リャンメン2つで勝負する手組みになってしまいます。

なのでここは、一時的に雀頭がなくなりますが、打五筒として、
リャンメン3つ、リャンカン2つで勝負したほうがアガりに近いとのこと。
もし字牌を全て処理してしまうと、

二萬四萬六萬七萬二筒四筒五筒五筒一索三索五索七索八索 ドラ中

という形になり、受けの効かない手組みになってしまいます。
ここで他家にリーチと来られたら、待っているのは中抜きか攻めての放銃でしょう。
この結末をより早い段階で感じて、
字牌を温存し、手を進めていくことが序盤の手組みで大事なことだそうです。

それでは最後に、次回のファクトリーへの宿題です。
今回参加することが出来なかった人も、打牌とその理由を考えてみましょう。

配牌
三萬三萬五萬五萬三筒七筒八筒二索七索八索九索北白 ドラ白

第1ツモ:九筒
第2ツモ:一筒
第3ツモ:八萬
第4ツモ:九萬
第5ツモ:七萬

ドラの白が曲者ですね!


さて、次回のファクトリーは7月11日(土)13:00より、柳本店にて開催されます。
RMU会員の方は是非ご参加ください。


中村 浩三
文責・中村 浩三

スポンサーサイト

  • 2011.09.26 Monday
  • -
  • 00:39
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
前回の復習に出てくる牌姿なら僕は第1打2索!続けて6索と9索も切っちゃう
ソーズ3枚切ってる間に引いた牌と上下の河を見てどっちかの色のブラフに走ります。

「こんなチャンス手入っちゃったよ〜」的な顔をするのがポイント

どうせアガれないなら遊び心満載の1局にしますね
  • さくらいりょーすけ
  • 2009/07/04 6:47 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RMU
リアル・マージャン・ユニット。 多井隆晴、阿部孝則、河野高志、藤中慎一郎ら最強プロ達が結成した麻雀競技の新組織。麻雀競技の質的向上と競技者の育成を図り、同時に健全な麻雀遊戯の普及浸透に尽力し、もって競技者の社会的・経済的地位を確立することを目的とする。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
links
profile
組織概要
組織名 RMU(アールエムユー) 設立日 2007年7月1日 所在地 〒272-0134 千葉県市川市入船3-15 RMU事務局 TEL 047(399)9150 E-MAIL info@rmu.jp
                
ご注意
当ブログへのリンクはフリーですが、掲載された画像・文章の無断転載を禁止させていただきます。
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM