<< 2009年度後期 R3レポート 第2節 | main | 第2回ジュピターカップ 自戦記 >>

スポンサーサイト

  • 2011.09.26 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


2009年度後期 R1レポート 第2節

こんばんは、仲川翔です。
今節のR1レポートを担当することになりました。
拙い文章かと思いますが、どうぞよろしくお願いします。


後期第1節、自分は▲56.9ポイント。
今期から8名に増えた所で、その中の7位だった。

このマイナスは通常の60近い沈みとは意味合いが違うと考えている。
情けない話だが、私は前期のR1で最下位に甘んじてしまったからだ。

麻雀のゲーム性を考えると、
勝ったり負けたりを繰り返すのはある意味仕方のないこととも言える。
しかしながら、「前期に大負け、後期も降級争い」なんていうのは
あまりにもみっともないだろう。
そんな降級争いの種を作り出す、初節の▲56.9ポイントだったのだ。

「あなたが活躍することで、それが近しい人に対する恩返しにもなるんだよ」

これは、普段お世話になっている方から、つい先日言われたもの。
ここ最近は負けてばかりいたので、その瞬間非常に身に染みたのを覚えている。
当たり前のようでいて、身体ではいまいち理解していなかった言葉だ。

もちろん、このままで終わらせるつもりはなかったが、
この言葉のおかげで、より心に火がついたのは間違いない。
ただ負けるのでは自分が痛いだけだが、
それが他人にも影響を及ぼすとなってくると、話が違ってくるからである。

そんなわけで、まだ第2節であるものの、背水の陣で臨んだ。
ヨーイドンでいきなり借金生活の身になってしまったので、
残りの節のためにもここでプラスに転じたい所である。


さて、結果から書こう。
今節は、飯島健太郎プロ・谷井茂文プロ・山田田プロを相手に
3・1・1・3着の+36.5ポイント、抱えた負債の半分以上を減らすことが出来た。


【R1 第2節終了時】
順位 氏名 Total 第1節 第2節
1 江澤 陽一 +53.3 +21.7 +31.6
2 谷井 茂文 +52.9 +14.3 +38.6
3 佐竹 孝司 +42.4 ▲22.4 +64.8
4 飯島 健太郎 +41.2 +65.8 ▲24.6
5 山田 田 ▲9.9 +40.6 ▲50.5
6 仲川 翔 ▲20.4 ▲56.9 +36.5
7 鈴木 智憲 ▲53.1 ▲5.4 ▲47.7
8 壽乃田 源人 ▲106.4 ▲57.7 ▲48.7
上位2名がクライマックスリーグへ進出、下位1名が降級


このメンツを相手に浮くことが出来て失いかけていた自信が戻りつつあるが、
その内容は我ながらひどかったと思う。

1回戦、東場には4万点以上あったものが
つまらない5,800の放銃をするなどしてオーラスには原点を割っていた。

またある南場の親番では、メンゼンで満貫、もしくはハネ満まで狙える手で
くだらないポンテンを取ってしまい、
結果アガリを逃すなんて逆ウルトラCをしてしまう始末。

四萬四萬四筒五筒六筒七筒八筒八筒三索四索五索五索六索 ドラ五索

親で場に2枚目の牌とはいえ、10巡目でここから四萬のポンテンとか、
余程の非常事態でない限りやらないはずだったのに…。
後ろで見ていた立会人の多井隆晴プロ曰く、
仕掛けた瞬間に七索六筒が流れていったらしい。
最悪の極みである。

たまたま2、3回戦目に

二筒九筒一索三索四索六索東東南南西西北發 ドラ三萬

このような配牌を貰って字牌が全部鳴けて2役ホンイツの親マンをツモアガるなど、
ラッキーな展開が続いてくれたのでどうにかプラスにはなれたものの、
いつまでもそんな良い巡りが来るわけがない。

というより、もっとうまく打ち回していれば今回+70は叩けていただろう。

恩を返していくには、中身を鍛えるのが一番の近道。
そう痛感した第2節だった。


現在のR1トップは江澤陽一プロの+53.3ポイントで、その差約70ポイント。
近いようで、遠い。




文責 仲川 翔




スポンサーサイト

  • 2011.09.26 Monday
  • -
  • 01:29
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RMU
リアル・マージャン・ユニット。 多井隆晴、阿部孝則、河野高志、藤中慎一郎ら最強プロ達が結成した麻雀競技の新組織。麻雀競技の質的向上と競技者の育成を図り、同時に健全な麻雀遊戯の普及浸透に尽力し、もって競技者の社会的・経済的地位を確立することを目的とする。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
links
profile
組織概要
組織名 RMU(アールエムユー) 設立日 2007年7月1日 所在地 〒272-0134 千葉県市川市入船3-15 RMU事務局 TEL 047(399)9150 E-MAIL info@rmu.jp
                
ご注意
当ブログへのリンクはフリーですが、掲載された画像・文章の無断転載を禁止させていただきます。
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM