<< ペルセウスカップ 自戦記 | main | アンドロメダカップ 速報 >>

スポンサーサイト

  • 2011.09.26 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


何切るテレフォン 第1回

皆さんこんにちは、RMUの伊東直毅です。
まだまだ厳しい寒さが続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
南国育ちの私には、東京の冬でさえも耐え難い毎日です。

さて、もう年が明けて大分たつというのに、私の麻雀は今ひとつパッとしません。
「どうすればもっと上手くなるのだろう…。
それこそ、ライセンスの人たちみたいに…って、その手があったか!」

そう、強くなりたいなら強い人に聞けばいい。
そして、強い人ならたくさん自分の周りにいるではないか!
彼らの麻雀に対する考えを電話で学んでみよう。
そうすれば、私もブログ閲覧者の皆さんも、一緒にレベルアップできる!
という訳で、今回から新企画「何切るテレフォン」が始まります。

その内容は読んで字の如く、電話で何切るについて語っちゃおうというわけです。
その中でライセンス者の麻雀と若手の麻雀が熱くぶつかります。
是非最後までご覧下さい。

第1回目の今日は、「最速最強」こと多井隆晴プロ。
多井プロが優勝したペルセウスカップからの何切る問題です。

伊東「多井さんこんばんはー。ちょっと麻雀の話をしたいんですけど」

多井「おう、なんだ伊東か。勉強熱心だね〜。
いいよ、麻雀のことなら何でも聞いてくれ(笑)」

伊東「さすが多井さん。まず、改めて先日のペルセウスカップ優勝おめでとうございます。
さすがでした」

多井「おうサンキュー。麻雀の調子は悪くなかったからね。
それで、話したいことって何?」

伊東「ラス前で連荘した多井さんの親番なんですけど覚えてます?」

多井「当たり前じゃん、全部覚えてるよ。」

伊東「さすがです。それで1本場の牌姿なんですが…
前局5800をアガり、いいムードで迎えた1本場、この手も是非仕上げたいですよね。
でも1メンツ4トイツのこの手、メンツ手でもトイツ手でも2シャンテンと捌きが難しそうです」

ペルセウスカップ決勝戦 南3局1本場 親 トップと4000点差の2着目(トップが優勝)

二萬二萬三萬三萬二筒三筒四筒四筒八筒九筒九筒一索三索 ツモ六筒 ドラ發



多井「ああそれか、俺はそんなに迷わなかったなあ。
この時の場況なんだけど、一索が3枚、三索が2枚、自分から見えていたからカン二索はかなり良いと思ってたんだよね。
だからソーズは外せない。
あとマンズの下も良く見えたから、ピンズのリャンカンはずしで打八筒としたのよ」

伊東「ふむふむ、一番場況の悪いピンズを嫌った、と。
四筒ではなく八筒なのは勿論チートイツを見てのことですね。
次に二筒三筒を引けばリャンぺーコーも見える、と」

多井「そういうこと」

伊東「僕は打一索としてソーズを内に寄せながら、チートイツとメンツ手の天秤を維持することが多いです。
特に字牌がドラなので、それを持ってきたときのことを想定しますね。
そうすると受け易い形にもなりますし。」

一萬二萬二萬三萬三萬二筒三筒四筒四筒六筒九筒九筒發 ドラ發

多井「平面問題なら有力な選択肢だね、チートイドラドラになればうれしいし。
あと候補としては三萬二萬切りもあるね」

伊東「マンズは1メンツに絞って、ピンズソーズで勝負と。
123か234の三色の目もあるんですね」

多井「一索三萬、そして八筒と選択肢があるけど、結局は場況や状況次第で使い分けるしかないんだ」

伊東「なるほど。でも八筒を切ってアガりきれる人はあまりいないと思いますよ。」

※この局の結果は、二索 一萬 一萬と引いてわずか3巡でツモアガリ

多井「そうなの?じゃあさ、ドラが一索ならどうするのさ」

伊東「え?」

多井「それこそ八筒が最有力になるんじゃない?
ドラ含みの愚形ターツはまずドラを重ねることを第一に考えるしさ。
三色好きなら三萬切る人もいるかもしれないけど、チートイを見切るのには抵抗あるな。
それとここだけの話な、こっそり教えちゃうけど、場況の良し悪しってのはドラや手役なんかより大事なのよ。
それをわかっていない人って結構多いよ」

※多井さん、ブログに載せてごめんなさい(笑)

伊東「なるほど、その場況読みの精度は打ち手の雀力が大きく出てしまいますが、言い換えれば腕の見せ所と(笑)。
僕なんて何回多井さんの読みや精度に驚かされたことか…」

今回は、まず形と場況というテーマ、次にチートイツとメンツ手の天秤というテーマがでました。
麻雀打ちにとっては、常に頭を悩ませるテーマですが、打牌に入る前から河の情報である程度の方針はあらかじめ決めておくことができる。
それが今回学んだことだと思います。

なおこの試合の詳しい内容はペルセウスカップのレポートにてどうぞ。
それではまた。


伊東 直毅
文責・伊東直毅


スポンサーサイト

  • 2011.09.26 Monday
  • -
  • 21:19
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
なるほど。
場況重視派(そんな派あるの!?)の
僕はおそらくこの状況なら同じ選択に
なるとは思いますが・・・
面白いですね、これ。
ただ、「何切るテレフォン」に
ついては良く考えたなーこのネーミングと
思いましたw
  • 鈴木智憲(すずきとものり)
  • 2008/02/01 12:03 AM
「何切るテレフォン」でまず笑ったw

でも内容はまじめな原稿なのねww


※ちなみに室生君も8p切りだそうです
  • 多井 隆晴(おおい たかはる)
  • 2008/02/02 11:40 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RMU
リアル・マージャン・ユニット。 多井隆晴、阿部孝則、河野高志、藤中慎一郎ら最強プロ達が結成した麻雀競技の新組織。麻雀競技の質的向上と競技者の育成を図り、同時に健全な麻雀遊戯の普及浸透に尽力し、もって競技者の社会的・経済的地位を確立することを目的とする。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
links
profile
組織概要
組織名 RMU(アールエムユー) 設立日 2007年7月1日 所在地 〒272-0134 千葉県市川市入船3-15 RMU事務局 TEL 047(399)9150 E-MAIL info@rmu.jp
                
ご注意
当ブログへのリンクはフリーですが、掲載された画像・文章の無断転載を禁止させていただきます。
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM