<< 2010年度RMUリーグ 第9節結果 | main | 2010年度後期 R2レポート 第3節 >>

スポンサーサイト

  • 2011.09.26 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


2010年度後期 R1レポート 第3節

こんにちは、ライセンスBの山田田(やまだ でん)です。
今回は私がR1第3節のリーグレポートをお送りします。

これまで2節8半荘を終え、私のトップはわずかに1回。
目に見えてわかる判断ミスや手順ミスが多々有った。

しかし、それが致命傷に到らない…故に此所までマイナスせずに済んでいる。
だが、これに甘んじて良い筈がない。
そう、自分は麻雀プロなのだから。

プラスして勝ち上がっても『ツイていた』だけなのである。
今節はこの“膿”を出す意味でも、
結果にこだわらず後悔しないようにと腹を括って前に出る事を決めて臨んだ。

今日の対戦相手は、鈴木、仲川、山下。
いずれも今期ここまでプラスゾーンに身を置くツワモノたち。
今節の加点は、ダンゴ状態から抜け出すチャンスである。
上位陣が揃った今節は早くも勝負所だと、
対局者4人とも同じ事を考えていたのではなかろうか?

そんな中始まった第3節。
今日終始デキが良かったのは鈴木。
初戦の東1局の親番でメンホンチートイツをアガった。

するとその後は“ずっと”鈴木のペースで局が進む。
毎回満貫クラスの本手をさも当然の様に決めていく…。
今日の鈴木は強すぎる。全く隙が見当たらない。

逆に私は東場にコツコツと点棒を集めるが、
南場には削られ原点付近をさまよう有り様だった。

1回戦は28,500点の3着。
2回戦は36,000点の2着。
3回戦は22,300点のラス…。

そして最終4回戦。
南3局を迎えて私の持ち点は、46,600のトップ目。
ようやくエンジンがかかってきた。

1筒2筒3筒4筒5筒6筒7筒7筒8筒8筒9筒9筒發 ドラなし

10巡目にテンパイ、ほどなくして鈴木からこぼれた發をロン!
このハネ満でようやく、鈴木を捕まえる事が出来た。

が、事件は次局の南4局に起きる。
親の鈴木が6巡目と早々にテンパイを入れ、
国士無双のアガリで逆転トップを取られてしまったのだ。

終わってみれば、鈴木はこの日だけで100ポイントの荒稼ぎになった。
一方、別卓では谷井、北島がそれぞれトップ2回。
その結果2人ともトータル100オーバーで、 鈴木を加えた3人が抜けた状況に到る。

特に昇級組でただ1人上位につけている北島は、
この日開局からハネ満を2連続でアガるなど、
どうやら搭載しているエンジンの排気量が違うらしい。


【R1 第3節終了時】
順位 氏名 Total 第1節 第2節 第3節
1 鈴木 智憲 +164.5 +18.2 +45.4 +100.9
2 谷井 茂文 +113.1 ▲24.6 +102.0 +35.7
3 北島 路久 +112.8 +57.8 ▲3.4 +58.4
4 山田 田 +61.8 +37.3 +11.9 +12.6
5 飯島 健太郎 +23.0 ▲8.0 +7.9 +23.1
6 江澤 陽一 +2.4 +13.4 +11.0 ▲22.0
7 仲川 翔 ▲13.7 +5.9 +50.5 ▲70.1
8 壽乃田 源人 ▲51.6 +18.0 ▲32.6 ▲37.0
9 山下 健治 ▲63.3 ▲10.7 +10.8 ▲63.4
10 萩原 亮 ▲74.9 ▲31.7 ▲58.1 +14.9
11 白石 温郎 ▲137.5 ▲15.4 ▲107.5 ▲14.6
12 石川 泰之 ▲161.5 ▲62.2 ▲39.9 ▲59.5
上位2名がクライマックスリーグへ進出、下位3名が降級


私の第3節の結果は、ご覧の通り+12.6…。
前にも出られたし、今節はそれなりに納得出来る内容ではあった。
しかし相変わらず、ノートップ記録は更新中である。
早くこの状況を打破して優勝戦線に名を連ねたい。

次節、北島とはRリーグでは初対戦となる。
さらに気持ちを入れて対局に臨みたい。




文中敬称略 文責・山田 田




スポンサーサイト

  • 2011.09.26 Monday
  • -
  • 16:49
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RMU
リアル・マージャン・ユニット。 多井隆晴、阿部孝則、河野高志、藤中慎一郎ら最強プロ達が結成した麻雀競技の新組織。麻雀競技の質的向上と競技者の育成を図り、同時に健全な麻雀遊戯の普及浸透に尽力し、もって競技者の社会的・経済的地位を確立することを目的とする。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
links
profile
組織概要
組織名 RMU(アールエムユー) 設立日 2007年7月1日 所在地 〒272-0134 千葉県市川市入船3-15 RMU事務局 TEL 047(399)9150 E-MAIL info@rmu.jp
                
ご注意
当ブログへのリンクはフリーですが、掲載された画像・文章の無断転載を禁止させていただきます。
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM