<< 雪森しずく出演舞台のご案内 | main | RMU選手ゲストのお知らせ >>

スポンサーサイト

  • 2011.09.26 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


エヌスク連載コラム紹介 凡人の凡人による凡人のための麻雀−阿部孝則

皆さんこんばんは。RMU事務局です。

RMUは日刊スポーツ新聞社と提携し、
スポーツとエンターテインメント情報に特化したSNS「エヌスク」に
コミュニティ「RMU」を展開しています。

本ブログでは「エヌスク」の紹介を兼ねて、
連載中の記事の一部を定期的に掲載していく予定です。

今回は阿部孝則の「凡人の凡人による凡人のための麻雀」第4回をお送りいたします。




みなさんこんにちは。

さっそく前回の問題の解説に入りましょう。

東3局北家8順目、トップ目と約1万点差の2着目で、3着目の親からリーチをうけています。


あなたの手牌

三萬四萬五萬六萬七萬四筒四筒五筒八筒八筒六索七索八索 ドラ八筒

親の捨て牌は…

一索北中九筒八萬二筒五筒五索横

そして上家から八萬が捨てられました。

勝負手です。前半の最大のヤマ場ともいえる状況です。

まず、八萬のチーをした場合は打牌の選択に迷いますね?
現物の五筒を切っておけば、そそっかしい人がドラを切ってこないとも限りません。
しかし、いかんせん待ちが良くありません。

ならばと四筒を勝負!…一発が消えたのはせめてもの救いですが、
リーチに放銃しては話になりません。

どちらもリスクとリターンの“バランス”が非常に悪く、攻めたいのか、
かわしたいのか、どっちつかずの中途半端な選択といえます。

『迷った時はツモに聴け』という名言があります。
次のツモが八筒かも知れません。五萬などを引いた時はGOサインです。
四筒を切って追いかけリーチと勝負に出ましょう。

もちろん、四筒が当たってしまうことも、親とのメクリ勝負に敗れることもあるでしょう。
しかしこの時、焦りや後悔をすることは全くありません。自分を信じてみるのです。
結果は後から必ずついてきます。

ただし、ドラの八筒が出たとき。これは鳴いても良いでしょう。
タンヤオドラ3の満貫、しかもマチは3面張です。
これなら親のリーチに勝負を挑んでも十分に勝算がありますし、
アガりきればトップ目に一気に並ぶことができます。

では、四筒が出たときはどうでしょう。
リーチの現物を切って安全にポンテンがとれ、現物マチの3面張の3,900点。
いかにもアガれそうです。鳴く人はかなり多いと思います。

しかしよく考えてみて下さい。
先程まで“勝負手”だったはずのあなたの手牌は、四筒を鳴いてしまうことによって“かわし手”に変化させられているのです。

親のリーチをかわし、3,900点をアガったあなたは、確かにトップ目に近づきました。
同時に、あなたは目先のトップのために親リーチをさばいたということもいえるのです。

つまり、平面では一見“バランス”の良い打ち方でも、
立体的に“勝負”という要素を加えた場合には、必ずしも
“バランス”がとれているとは限らないということを認識しておいて下さい。

勝敗のカギはどうやらここらへんにありそうです。


いかがでしたか?エヌスクでは他にも

「現代麻雀を語る−多井隆晴」
「凡人的東風講座−阿部孝則」
「即席チートイツ克服法−土田浩翔」
「即席不ヅキ脱出法−土田浩翔 」
「第1打論−土田浩翔」
「麻雀名局アーカイブス−室生述成」


などなど、ライセンスプロの麻雀戦術とコラムを連載しており、
現在これらは全て無料でご覧になれます。
是非ご登録ください!

http://sns.nikkansports.com/


スポンサーサイト

  • 2011.09.26 Monday
  • -
  • 01:17
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
すごく参考になりました。
普段から綱渡り麻雀を好む僕は局のテーマ切り替えの遅れがそのまま負けにつながるんで。
書かれている「切り替えない重要性」を咀嚼して「切り替えリズム」修正のきっかけにできそうです。
  • たまには真面目に考えるさくらいりょーすけ
  • 2008/11/13 10:48 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RMU
リアル・マージャン・ユニット。 多井隆晴、阿部孝則、河野高志、藤中慎一郎ら最強プロ達が結成した麻雀競技の新組織。麻雀競技の質的向上と競技者の育成を図り、同時に健全な麻雀遊戯の普及浸透に尽力し、もって競技者の社会的・経済的地位を確立することを目的とする。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
links
profile
組織概要
組織名 RMU(アールエムユー) 設立日 2007年7月1日 所在地 〒272-0134 千葉県市川市入船3-15 RMU事務局 TEL 047(399)9150 E-MAIL info@rmu.jp
                
ご注意
当ブログへのリンクはフリーですが、掲載された画像・文章の無断転載を禁止させていただきます。
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM