スポンサーサイト

  • 2011.09.26 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


プレイヤーの横顔  第2回 阿部 孝則

こんにちは、RMUの深谷祐二です。
プレーヤーの横顔、第2回は「寡黙な王者」こと阿部孝則プロ。

僕がこの麻雀界に飛び込んだのはつい最近のことで、
まだ阿部さんと親しくさせていただいて間もないですが、
少しでも彼の魅力をみなさんに伝えることが出来ればと思い、
書かせて頂くことにしました。
拙文ではありますが、最後まで読んで頂ければと思います。

最初に彼を知ったのは、もういつだったか忘れてしまったけれど、
僕がまだネット麻雀にハマっていた時。
その頃は直接会ったことも無ければ麻雀をしっかりと見たことも無く、
ただ漠然と「タイトルを沢山持っているすごい人」とか「とても我慢強い」とか、
その程度の認識でした。

そして、「いつか彼の麻雀を腰を据えて観てみたい」と思いながらも月日は流れ、
RMU設立直後のファクトリーで初めて彼の麻雀を観ることになるのですが、
その時の衝撃を僕は今でも覚えています。

「なんて静かな麻雀を打つのだろう」

僕は心の中で、そう叫ばすにはいられませんでした。
顔色一つ変えず、麻雀を静かに淡々と打つ。
それがどれほど難しいかは皆さんもご存じのはず。
RMUオープンリーグで彼が優勝したときに対戦者のさくらいさんが言った
「阿部さんは本当に気配がわからない」というコメントにとても共感させられます。

テンパイしても気配は変わらないし、どんなに苦しい状況でもそれを表に出すことは無い。
「寡黙な王者」は、彼のためだけにある言葉なのです。

しかし、このキャッチフレーズがあるために
「普段も寡黙なのかなあ?」
と思う人も多いかと思いますが、実は茶目っ気たっぷりで気さくな方です。
そういえば僕も出会った当初は緊張してほとんど話せなかった記憶が…。

今では麻雀の話はもちろん、好きな女性のタイプ等、
様々な興味深い話を聞かせてくれます。
麻雀をしている時とのギャップが大きくて、ちょっと驚いた記憶がありますね。
打ち上げでの多井プロや室生プロとのやりとりを、
ひそかに楽しみにしているのは、きっと僕だけではないでしょう
(見る人によっては多井・室生コンビにイジめられていると思う人がいるかも…笑)。

少しでも話し、一回でも麻雀を観れば、たちまち彼に魅了されてしまうことでしょう。
また彼の麻雀は王道というか基本に忠実なところが多く、
初級者から上級者まできっと参考になると思います。
ぜひ一度会場に足を運んでいただいて、そんな「寡黙な王者」と接してみませんか?



先日行われた誕生会でのヒトコマ。
対局中とは違い、非常に饒舌な阿部選手でした。


深谷 祐二
文責・深谷 祐二



プレイヤーの横顔  第1回 多井 隆晴

みなさん、こんにちは。RMUさくらいりょーすけです。

このたびRMUのブログができて嬉しいですね。
公式HPでは書く事のできない選手たちの生の声を発信できる場になればいいなぁ、
なんて思います。

さて先日、室生事務局長から「ブログで選手紹介をくだけたカンジでやりたいんだ。
とりあえず代表の多井について書いてよ」とのメールが届きました。

クルマを持たないさくらいを日頃快く助手席に乗せてくださる室生先輩の頼み。
無下に断る事は日本男児にできるはずもなく、こうして平日深夜にパソコンと格闘しています。
拙い文章ですが多井隆晴を知るきっかけになれば幸いです。

さくらいが競技麻雀の世界に入ってはや8年。いまや後輩の方が圧倒的に多いです
(飲み会のたびに先輩方におごってもらえた昔が懐かしい)。

多井隆晴を知ったのは競技選手2年生になった頃だったかな。
某タイトル戦の「準決勝進出選手コメント」みたいな雑誌のカラーページの隅の方でまだ初々しい20代の多井隆晴はこんなカンジに大口を叩いてたわけですよ。
「まあ優勝は俺だね、生まれたときから決まってるからね」

そのときは「この人おもしろっ」って印象。
そんで数カ月経って「生まれたときから決まってたはずのタイトルを取りこぼしたオトコ」とプライベートで麻雀を打てる事になったわけです。

「トップ選手はどんなレートで打ってるんだろう」とドキドキしていたさくらいに多井は言いました。

「ノーレートでいいだろ?俺が勝つのわかってて金賭ける意味ないからな」
雑誌のキャラそのままに大言。されど終わってみれば有言実行な勝ちっぷり。
少なからぬ自信を持って立ち向かったさくらいが「井の中のカワズ」であることを教えてくれた最初の人でした(まぢで強かった)。

それからは家も近い(電車で10分くらい)ことから結構な頻度で遊びました。
その後しばらくして気付いたのはこの人の負けず嫌いさでしたね。
常に「どうすれば勝ちやすいか」って視点で物事を見るんです。
UNOでもトランプでも相手が何を持っているかを本気で読んでかかるわけですよ。
初めてのゲームでもすぐ、やり方でなく勝ち方を覚えてるし。
そんで自分スタンダードを他人に求めるわけですよ。
トランプやって他人を「手順悪い」って怒る人を他には知らないっす。
「怒られるからいいや」って来なくなった人もいたっけ(笑)。
まあ普段からアタマを鍛えているオトコですね。

あとはいろいろな麻雀と関係ないエピソードでも紹介しようかな。
続きを読む >>

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RMU
リアル・マージャン・ユニット。 多井隆晴、阿部孝則、河野高志、藤中慎一郎ら最強プロ達が結成した麻雀競技の新組織。麻雀競技の質的向上と競技者の育成を図り、同時に健全な麻雀遊戯の普及浸透に尽力し、もって競技者の社会的・経済的地位を確立することを目的とする。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
links
profile
組織概要
組織名 RMU(アールエムユー) 設立日 2007年7月1日 所在地 〒272-0134 千葉県市川市入船3-15 RMU事務局 TEL 047(399)9150 E-MAIL info@rmu.jp
                
ご注意
当ブログへのリンクはフリーですが、掲載された画像・文章の無断転載を禁止させていただきます。
search this site.
others
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM